スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめとおわりを・・・

テントを設営してから
蓮華岳を背に針ノ木岳へと・・・

DSC_0054.jpg

右下の赤いテントの隣の緑色のテントが我が家のテント
わかりにくい!

さて、もう一踏ん張りと歩を進めていくけど
なかなか・・・

けど、針ノ木岳の右側にあるスバリ岳の左肩から
劔岳が姿を現し
テンションが上がります

DSC_0066.jpg

その勢いで山頂へ
山頂からの立山と劔岳、それと黒部湖の景色はまた格別でした

立山・剣

そして、次の山行のスタート地点『立山・雄山』と

DSC_0071.jpg

高瀬ダムの向こうにそびえる
ゴール地点『槍ヶ岳』を望むことができ
ウキウキ、ワクワク期待の気持ちと
ちょっと不安な気持ちと交錯しながら
この景色を1時間近く眺めていました
スポンサーサイト

針ノ木小屋

大雪渓を越えてから
しばらく行くと
急とに入りつづら折りの道を行きます

DSC_0047.jpg

しんどい思いをしたご褒美が
針ノ木峠からの後立山連峰!

DSC_0052.jpg

ここで針ノ木小屋に到着

DSC_0053.jpg


とりあえず、テント場がなくなっていないか
心配しながら受付を奥さまにしてきてもらい

私は
その間ここからの景色を楽しみながら
テント場をうろうろと・・・

奥さまは
私を見つけることができず
うろうろと・・・

大雪渓~

ここから針ノ木大雪渓のはじまり・・・
多くの登山者と一緒にアイゼンを着けていると
心地よい冷気が肌を撫でます

DSC_0016.jpg

先が見えない雪渓を
ゆっくりゆっくりと登っていき
振り返ってみると
だいぶ登ったな~と思いながら一休み

DSC_0025.jpg

先を行く奥さまの足取りは速く
そこまで行けば雪渓も終わりかと・・・
奥さまの様子を見ていると
そこからまだ登りそうな雰囲気
さすが大雪渓・・・

DSC_0035.jpg

やっぱり『3大~』というものをなめてはいけませんね

針ノ木岳と蓮華岳

8月初旬、立山黒部アルペンルートの長野県側の玄関口『扇沢』へ
そこからは、立山黒部アルペンルートのトロリーバス乗り場と
爺ヶ岳、そして今回登る針ノ木岳への登山口があります

昨年まで無料だった駐車場(扇沢駅近くの舗装された駐車場)が有料駐車場に変わっていました
昨年もすごい車の数で駐車スペース以外にも駐車する車が多くありました
そういうことがないように管理することになったのだろうかと考えながら
準備を始めて出発

登山口では多くの登山者が登山届を出していました
遭難防止対策協会の方が登山道の状況や今日明日の天候について教えてくれました

それと『コマクサ』の名前の由来まで・・・
また、後で写真とおじさんの話を書きたいと思います


DSC_0002.jpg

さぁ、出発と思いきや
奥さまが「お腹痛い!」と・・・
トイレ休憩で出発見合わせ・・・

その間にもどんどん登山者がやってきます
テント場があるかどうか
だんだん不安になってきます

登り始めてしばらくすると
大沢小屋が突然目の前に現れました

DSC_0008.jpg

ここの小屋も立派な小屋です
沢の音も聞こえてきてゆっくりとできそう
ここではアイゼンの貸し出しもされていました

そこからまたしばらくすると
景色が開けてきます

青空の下、北アルプス3大雪渓のひとつ『針ノ木雪渓』と針ノ木岳が

DSC_0009.jpg

雪渓の上は、涼しそうです

白馬大池

花を探しながら歩いていると
目の前に白馬大池が現れました
ここを過ぎればもうすぐ
今回の山行も終わり・・・

DSC_0274.jpg

白馬大池山荘の手前には
たくさんのハクサンコザクラが咲いていました

DSC_0287.jpg

山荘で少し休憩し
白馬大池を後にします

DSC_0294.jpg

栂池池高原のスキー場を通り
ゴンドラを降りれば
白馬界隈を周遊しているバスに乗り
八方尾根へはあっという間でした

うなぎとわさび菜と鶏の肝煮
そして、生ビールを飲んで帰りました




プロフィール

Miyaきん

Author:Miyaきん

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。