FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白山 国立公園

先日の西穂高から見ることができた「白山国立公園」に出かけてきました。

今は、ちょうど白山登山ピーク時の交通規制のため
シャトルバスに乗って登山口まで行かなければなりません。

AM5:00の始発に乗るはずが・・・
バスは、すでに満員・・・2本後のバスに乗り、登山口へ向いました。
とりあえず、登山口で写真を1枚!
撮ってみると、画面に見たことがない表示が・・・
ちょっと気にはなるけど、早く登りたくて気にしないことに!

R0020732.jpg

歩いているとさっそくアザミの花が咲いていました。

R0020734.jpg

アザミでもいろんな種類があるみたいです。
これがなにかはわかりません。

何枚か写真を撮っていると
カメラの画面にまた違う表示が・・・『メモリーの容量不足です。』
もしかして・・・恐るおそるメモリーカードをチェックしてみると
やっぱりカードが・・・

だから、今回撮れる写真は本体に保存できる15枚ほどだけ
奥様と相談しながら、メモリーを撮っては消し、撮っては消し・・・
厳選の15枚となりました。

憂鬱なまま、今夜の寝床『南竜ヶ馬場野営場』に到着。
テントを張り、ご飯を食べてから
とりあえず、翌朝のための下見に室堂まで上がりました。
下りに通ったエコーラインには、ニッコウキスゲが満開でとてもきれいでした。

R0020743.jpg

翌日は、御来光を見るためにAM2:00に起き!
準備をして朝ごはんを食べてから出発!

登っていると、『ポツッ・・・ポツッ・・ポツ・ポツ・ポツポツポツ』
雨が・・・急いで雨具出して着てみると『ピタッ』と止んでくれました。

日の出時刻に近づくにつれて、北アルプスの方角が明るくなって
きれいな朱色に染まってきました。
早起きして頑張った甲斐がありました。

R0020752.jpg

野営場に戻り、帰る準備をして下山!
珍しく奥様がしんどいと・・・
理由は、写真が撮れないため立ち止まることがないということでした。

今回の教訓は、『メモリーカードは予備が必要』
ぼくにとっても、奥様にとっても
カメラの存在は、大事です(^O^)






スポンサーサイト

西穂高登山 2日目

2日目の朝 寝坊することなく3:00起床!
テントから出ると
なんと、満天の星空!!

R0020406.jpg

そして、山にはもうヘッドライトの光が・・・西穂~奥穂の縦走組かな・・・

星空を眺めながら、ゆっくり準備をしていたら
出発時刻を過ぎてしまい、急いで出発!

遅れを取り戻すべく
急いで歩いていたら西穂高独標手前で
星空の中に見えていたヘッドライトの団体に遭遇!!

R0020433.jpg

独標で日の出とアルプスの山々を眺めながら
贅沢な朝食をいただきました。

R0020443.jpg

今の時期は、前穂高から陽が上がってきます!
穂高連峰は、なんでも絵になります。

R0020440.jpg

腹ごしらえも終わり
目の前に見える岩稜を歩き
西穂高岳山頂を目指します!

R0020454.jpg

山頂を目指すのに一番の心配が
独標からの初めの取りつき!
足もとが見ずらく
もしかしたら、奥様が怖くて進めなくなるのでは・・・

いざ取りついてみると
そんな心配もなく
奥様は、足場を探しながら降りていました(^O^)

我が嫁あっぱれ!!

景色を眺めながら稜線を歩き
ついに山頂到着!!

R0020549.jpg

西穂高から眺めるジャンダルム!

R0020484.jpg

眺めていると、このままあそこまで進みたくなります。
しかも、60歳代のおじさんやおばさんが「昨日、教えてもらったのに忘れてしまった・・・」
など言いながら、ハーネスやスリングを腰に着け始めて・・・
奥穂高を目指して行きました。

こんな光景を見ていると
自分も行けるんじゃない!?なんて思ってしまい・・・
体がウズウズしてきました。

いつか行くぞ!!

今回は、天候に恵まれ
富士山に南アルプスの山々、八ヶ岳、立山~双六岳・槍ヶ岳・乗鞍岳に白山まで
スカーッと見渡せました!

あまりに気持ちよくて
山頂に2時間近く長居してしまいました(^O^)
プロフィール

Miyaきん

Author:Miyaきん

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。