スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出だしから・・・

10月、体育の日の3連休に鳳凰三山~甲斐駒ケ岳へ行きました。

本当は1泊2日で仙丈が岳と甲斐駒ケ岳への登山計画だったのが
出発前日の奥さまの『3連休は晴れなのに1泊2日だけ・・・』という一声で予定変更・・・
急いで2泊3日で行けそうな山を探し
ようやく決まったのが、この鳳凰三山と甲斐駒ケ岳+仙丈が岳という計画
できれば仙丈が岳まで行ってしまいたいという
私たち夫婦にはちょっと欲張った計画・・・

早朝から出発して、ちょっとでも初日に先へ進んでしまう予定が
駐車場を間違う・・・という大失敗から始まり
予定よりも2時間近く遅れての出発に・・・

DSC_0003.jpg

しかも、体調も悪く、頭痛に悩まされ、空腹も襲い・・・
歩みが進まない・・・

唯一の救いが、なだらかでまっすぐなとても歩きやすい登山道・・・

なんだかんだで、なんとか『夜叉神峠小屋』に到着!
白峰三山が望めました!

DSC_0008.jpg

しばらく行くと『南御室小屋』に到着で
ここで昼ごはん!
だいぶ体調ももどってきたので、ほっと一息でした

DSC_0025.jpg

ここからは稜線まで少し歩き
稜線にでれば景色が広がると楽しみにしていたけど
あいにくガスで真っ白・・・
ガスの切れ間から薬師岳(写真左)が姿を現しました

DSC_0030.jpg

薬師岳山頂では青木鉱泉から登ってこられたおじさんと
ちょっとしゃべりながら休憩
10年ぶりに登山でへとへとになっておられました

体調がわるかったので薬師小屋で泊りたい思いもあったけど
ここでのテント設営はできないので
あきらめて先へ
次に現れたのは観音岳!

DSC_0065.jpg

ここでも単独のおじさんといっしょにしゃべりながら
ゆっくり写真撮影と休憩!

少し先にある地蔵岳を眺めながら・・・
本当ならあの山の向こうまで行きたかった・・・
今日は、あの山を少し下ったところにある『鳳凰小屋』へ

DSC_0095.jpg

着くと人だらけ・・・
小屋のおじさんがいつもこんなだったら
もっと小屋の整備ができるんやけどなぁ・・・と一言!
小屋に泊るひとは、布団1枚に2.5人入るようです
テントでよかった~

けど、テント場では混雑のため隙間なくテントを張るようにと・・・
時間が経つにつれて
続々とテントの数が増えていきテント場いっぱいに!

明日の早朝、こんな隙間のない状態でテントを片付けられるかな・・・
と心配しながら、この日はシュラフに入りました
スポンサーサイト

予定変更

天気も晴れの予報!!
このまま下山はもったいないので
唐松岳まで足を伸ばし、八方尾根を降りることにしました。

なんとか唐松岳で日の出を拝みたいので
早朝3時に起き
山荘の休憩所で朝食を食べてから3時半に出発

とりあえず、真っ暗の中ヘッドライトの明かりを頼りに
なだらかな下り道をひたすら
歩く・・・歩く・・・歩く・・・

こんだけ下ったら
その分登りが待っている・・・
今は楽だけど・・・先が思いやられる・・・

がんばって歩いたけど
牛首に着くまでに空が紺色から橙色へと染まりはじめてしまいました

今回の山行では、どこもしっかりと鎖やハシゴがあり
歩きやすかった・・・
けど、最後の最後の牛首は
今回で一番の難所・・・
奥さまは、トイレに行きたい一心で
ちょっと険しい道も今までにないスピードで進む・・・
すると、目の前に唐松岳が!!
しっかりと陽が昇ってしまっているけど・・・

DSC_0228.jpg

トイレ休憩をしてから
今日の目的地 唐松岳をめざす
今日も快晴!!最高です!!

DSC_0229.jpg

山頂からは白馬岳が!
もう一日あったら行ってしまうのに・・・
不帰ノ嶮や天狗の大下りを目の前にして
また今度白馬岳の方から登ろうと決めました

帰りの時間もあるので
唐松山荘に戻り休憩をしてから下山

八方尾根はなだらかで歩きやすい!!
すたすたとペースが上がる

気がつけば、もう八方池!!
ここからの白馬岳も最高!!

DSC_0268.jpg

リフトとロープウェイで一気に下界へ
そこから歩いて白馬駅まで行き
電車まで1時間近くあったので
観光案内所でおいしい蕎麦屋をおしえてくれと尋ね
蕎麦を食べに行きました!

その後、電車とバスで扇沢へ戻り
今回の山行が無事に終わりました

夕焼け

五竜山荘に到着後、とりあえずビールを1本!!
買ってきたおつまみと一緒に・・・

部屋へ行ってからは、同室のおじさんやおばさんに挨拶!
今日あった話や明日の予定などなど少し話していると
日没の時間が近づいてきたので外へ出ました

白岳の方へ向かい
そこからは唐松岳の方が良く見えました。

DSC_0203.jpg

この景色を見ながら
明日の予定の変更を思いついてしまい・・・
このまま遠見尾根を降りるよりも
早朝出発で唐松岳まで行ってしまおうかな・・・

いろいろ考えていると
あっと言う間に陽が
毛勝三山の方へ沈んで行きました。

DSC_0207.jpg

五竜岳もシルエットだけになっていきます
五竜の裏側には夕日を背に浴びる劔岳の景色があるのだろうと思うと・・・

DSC_0208.jpg

またいつか劔岳の夕日を見に行くぞうと
心に誓いました・・・

明日は唐松岳まで行き、八方尾根を降りることも・・・

五竜岳

キレット小屋を過ぎてから
左手に立山・劔岳を眺めながらの
天空漫歩!!

天気は、快晴!!最高!!
のんびり写真を取りながら歩きました。

DSC_0166.jpg

いくつかのピークを過ぎて
有名なポイント G4・G5を行きます。

DSC_0173.jpg


初めての岩稜縦走!
友達のおやじさんに初めは小屋泊りからと言われ
そのとおり小屋を使って縦走しました。
ところどころテントを担いでいたら
しんどかったかなというポイントもあり
言うこと聞いておいてよかったと・・・

今度来るときはテントでチャレンジ!!

のんびり歩きすぎてしまい
予定よりも遅く五竜岳登頂!!

DSC_0178.jpg

白馬からは五竜スキー場のゴンドラで上がってくることができ
また、天気も良く、3連休ということもあり
登山者や家族連れなどたくさんの人で賑わっていました!

DSC_0181.jpg

山頂からは今日泊る五竜山荘(写真左下)から白馬岳まで見渡すことができました!!

八峰キレットを経て

ブログを書くことを忘れていました・・・
2か月間も・・・

R0023355.jpg

分岐から先には
ところどころ雪が残っていました。
「山の季節は早いなぁ」などとしゃべりながら
田部井さんの後を追いかけました。


R0023360.jpg

地図上では小屋まで2時間のコースタイムだったので
なんとか少しでも遅れた時間を取り戻したく
少し急ぎ足・・・

写真の真ん中あたりに見える四角いのがキレット小屋です。

R0023363.jpg

どんどん進んでいくと
ところどころ険しくなり
クサリやハシゴが出てきました!
思っていたよりも大丈夫で
奥さまもスイスイと進んでいきます。

R0023365.jpg

ちょっときついところを過ぎると
目の前に小屋の姿が見え
時計を見るとコースタイムの半分で着きました。
ちょっと急いだだけなのに・・・
たぶんコースタイムが大げさだったのでしょう!!
おかげで時間を取り戻すことができました!
ここから先がゆっくりと景色を楽しめる!!

R0023374.jpg

小屋に着く少し前から
年配の4人組と一緒に歩いていて
小屋に着いてから、ちょっとおしゃべり・・・
ひとりは滋賀県米原から来ている人でびっくり!!
中高年は元気です!!
プロフィール

Miyaきん

Author:Miyaきん

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。