FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雲ノ平へ 其の4

この日の昼からは天候が崩れる予報だったので
急いでテントを片付けて出発!

双六小屋からハイマツ帯の登りを人登りすると
ゆるやかで広々としたところにでました
来た道を振り返ると
雑誌などでも見たことがある風景が
そこにありました

DSC_0099.jpg

そこから大らかな山道を行き双六岳山頂に到着
山頂にいたおじさんとしばらくしゃべりながら小休止

DSC_0117.jpg

この山からの景色は
どこを向いても名峰に囲まれ
なんともたまらないものがありました

この場所で日の出を迎えればよかった~
今度は、ここで朝日を見ることを心に決めました
早起きしないといけないけど・・・

DSC_0110.jpg

上の写真には、右から
野口五郎岳、鷲羽岳、水晶岳、その奥には立山が!
下の写真は
右が薬師岳、左が黒部五郎岳です

DSC_0115.jpg

双六岳から丸山、三俣蓮華岳を越えて
三俣山荘で少し早めの昼食を取りました

外からはあまり綺麗な小屋ではなかったですが
中に入ると意外と綺麗な小屋でした

軽食をとれるところは2階にあり
北アルプスの景色をゆっくり楽しめるようになっているようでした

それから、ざれた道を登り鷲羽岳山頂に到着

DSC_0008 (2)

少し雲が多くなってきたので
先を急ぎました

DSC_0009 (3)

みるみると雲が湧いてきて
あっという間に陽が隠れてしまいました

今回の目的地『雲ノ平』が
水晶小屋に向かう途中で
なんとか見えました

明日の天候を心配しながら
水晶岳の手前の山『赤岳』の赤い山様を眺めながら
少し疲れた体に鞭を打ち進み
なんとか今日の宿『水晶小屋』に到着

DSC_0016 (3)

着いたころには完全にガスの中で
なにも見える状態でなく
また、ラジオから聞こえてくる天気予報は
この日を境に下り坂であると伝えていました

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Miyaきん

Author:Miyaきん

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。